県無形民俗文化財「鮫の神楽」を受け継ぐ鮫地区住民らによる鮫神楽発表会が9日、青森県八戸市の鮫町生活館で開かれた。二十数年ぶりに「安宅関(あたかのせき)勧進帳」が演じられ、100人近い来場者が大きな拍...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)