清明入り後、初の週末となった8日、那覇市の識名霊園など県内各地では、親族らが先祖の墓の前に集まって供え物をしたり、手を合わせたりしていた。晴天下、ピクニックのように弁当やオードブルを広げる光景も見ら...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)