東北楽天は昨季4度の対戦で一度も勝てなかった「天敵」涌井を、打線がしぶとく攻略した。  KOの場面は2-2で迎えた六回。それまで2安打の銀次が口火を切る。「中堅から左方向を狙った」。カウント1-2と...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)