三月の大相撲春場所で、負傷しながら劇的な逆転優勝を果たした新横綱稀勢の里。土俵入りで締めていた純白の綱の材料「精麻(せいま)」は、鹿沼市で江戸時代から続く麻農家の七代目、大森由久(よしひさ)さん(6...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)