東北楽天の先発森は無安打ながら6四死球と制球に苦しみ、四回にアクシデントもあって4回1失点(自責点0)で降板。「調子は良かった。四球はあったが、打者に向かって投げられた」と振り返った。  三回まで3...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)