プロ7年目。「今年はやる」―。背番号1を背負った斎藤が、マウンド上で決意表明した。今季初先発は5回0/3を投げ3失点。負け投手にはなった。しかし一つの負けと引き換えに得たのは、確かな自信だ。  風...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)