遠野市出身で本県野球の発展に貢献した小原益遠(おばらますお)が4日、同市新町の常福(じょうふく)寺で営まれた。早稲田大野球部時代は初の早慶戦で4番打者を務め、日本のチームとして初めてとなる米国遠征...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)