東北楽天は球団初の開幕5連勝を狙ったが、投手陣が大崩れ。先発釜田が4回7失点と試合をつくれず、その後も失点を重ねて勝機を手放した。相手は昨季14勝の武田。「我慢比べと思っていただけに、早々に失点した...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)