終わってみれば5点差の快勝を呼び込んだのは、仕事人・谷元の好救援だった。1点リードした六回。先発・高梨が先頭に安打出塁を許し、流れた嫌な空気を一掃した。今季初のイニング途中での出番も「ランナー出たら...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)