サッカーの第97回天皇杯全日本選手権徳島県代表決定戦は2日、鳴門ポカリスエットスタジアムで行われ、四国リーグ2年目のFC徳島セレステが5-1で光洋シーリングテクノを下し、2年連続2度目の出場を決めた...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)