高々と舞い上がった打球が左翼スタンドに消えた。1点先制された直後の四回一死。大谷がウルフの外角低めカーブをすくい上げた。今季1号は得意の逆方向。驚愕(きょうがく)の一発でゲームを振り出しに戻した。 ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)