大相撲の春巡業が2日、三重県伊勢市の伊勢神宮で始まり、鶴竜、日馬富士の2横綱が快晴の下、約7500人が見守る中で奉納土俵入りを披露した。  3月の春場所で左上腕部を負傷しながら優勝した稀勢の里と白...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)