広島は柏に少ない好機を生かされ、10年ぶりの4連敗を喫した。試合開始直後に、自陣で連係の乱れから、大谷の先制ゴールを許した。後半31分にはPKで2点目を失った。攻撃では工藤が決定機を外すなど、反撃で...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)