丁寧に、一投ごとに、その肩に張り付いていただろう不安を、ふるい落としていった。新外国人右腕のクラインが毎回走者を出す苦しい内容ながら、5回1失点で初登板初勝利。日本での船出に成功した。  主砲バレ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)