2020年の東京パラリンピックに向け、山口県は17年度、官民連携で県内の障害者スポーツ選手の育成事業に乗り出す。五輪出場を目指す選手に比べて経済的支援が足りない現状があるため、遠征費などを年間50万...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)