初春の栃木路を国内外の選手らが駆け抜ける自転車の国際ロードレース「第1回ツール・ド・とちぎ」が31日が開幕、日光市から足利市までの第1ステージ約115キロで熱戦を繰り広げた。沿道には1万8千人の観客...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)