愛媛大は31日、マラリア研究に取り組む同大プロテオサイエンスセンターと米国NPOの共同研究グループによる「マラリア伝搬阻止ワクチン開発」に、グローバルヘルス技術振興基金から約6000万円が助成される...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)