サッカーJ3アスルクラロ沼津のジュニアチームの小学4、5年生約30人がこのほど、東日本大震災の被災地福島県南相馬市を訪問した。地元の子どもとサッカーを通じて交流し、震災の恐ろしさや命の尊さを学んだ。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)