盛岡大付の強力打線は履正社の主戦竹田の緩急をつけた投球に的が絞れず、六回まで全打者が凡退した。わずか2安打に終わり、比嘉主将は「どの球種でもストライクを取ってきて、投手有利に試合を進められてしまった...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)