0-0の五回、2死走者なしから5失点。力投していた盛岡大付の先発左腕三浦瑞が、一つのプレーをきっかけに崩れた。  この回、2死から安打を許し、続く強打者の安田を変化球で内野ゴロに詰まらせた。「すごく...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)