【ヘルシンキ=原田遼】世界選手権は29日、当地で開幕し、女子ショートプログラム(SP)で日本勢は初出場の16歳、樋口新葉(わかば=東京・日本橋女学館高)が65・87点で9位となったのが最高だった。 ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)