東京から約8000キロ離れたフィンランドで開催中の世界選手権は、多くの日本人観戦客が訪れ、国内リンクのような雰囲気だ。目立って多いのは、2018年平昌五輪の男子で2連覇を狙う羽生結弦(ANA)の女性...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)