スピードスケートのワールドカップ(W杯)女子500メートルで、二季ぶりに種目別総合優勝を果たした小平奈緒選手(相沢病院)らが二十八日、卒業した信州大(松本市)を訪れ、濱田州博学長と懇談した。  訪...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)