選抜高校野球大会の二十六日第二試合で、福岡大大濠(福岡)と延長十五回の激闘を繰り広げ、引き分け再試合となった滋賀学園。延長十四回を勝ち抜いた初戦も含め、沖縄出身の棚原孝太投手(三年)の活躍が目立つ。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)