膨らむ期待と高揚感を、どう表現したら良いか―。考え抜いた末、数十年来の友人で県文化功労賞や琉球新報活動賞など多数の受賞歴を持つ舞台美術家・画家の新城喜一さん(83)にデザインを依頼し、五輪応援グッ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)