初めて体験する綱の重みをじっくりとかみしめ、その重責も苦しいほど味わった。新横綱として臨み、終盤にけがを負いながら連覇を果たした稀勢の里。会見では「ようやく終わったなという感じ」と率直な思いを語り、...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)