大相撲春場所が千秋楽を迎えた26日、立浪部屋の宿舎となっていた大阪市住吉区の住吉大社で、稽古を見守っていた神を天に送る儀式「昇神之儀」が行われた。力士たちは、神の象徴となる御幣(ごへい)を抱いた神職...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)