大相撲春場所は、負傷を押して出場した新横綱稀勢の里が劇的な逆転優勝を果たして幕を閉じた。その春場所の土俵入りで稀勢の里が締めた純白の綱。材料の精麻(せいま)を納めたのは、栃木県鹿沼市で江戸時代から続...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)