1994年に建てられた顕彰碑のプレートが老朽化したことから、地元住民らでつくる「顕彰の会」(松田富雄会長)がプレートの新調を発案。昨年11月から募金を始め、予想を上回る185万7千円が集まった。 ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)