巧みなリードで乗り切った。滋賀学園の後藤克基捕手(三年)は、公式戦初先発の宮城滝太投手(二年)とリリーフした棚原孝太投手(三年)の持ち味を引き出し、相手打線をわずか1点に抑えた。  最初のピンチは...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)