智弁学園は盛岡大付のエース三浦瑞を打ちあぐね、わずか4安打。最終回に1点を返すのが、やっとだった。  5点を追う智弁学園は九回、先頭の福元が中前打で出塁。続く加堂が四球を選んだあと、西岡の内野安打...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)