◇大相撲春場所<千秋楽>  乱れたまげを気にするそぶりもなく、照ノ富士はぼうぜんと土俵に立ち尽くした。賜杯をさらわれた悔しさを忘れたように表情を失っていた。  支度部屋の上がり座敷に腰掛けると「...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)