J1広島が守備力の向上を目指し、DF野上をボランチでテストしている。森保監督は「相手が嫌がり、味方が守りやすい守備をしてくれる」と狙いを説明。開幕から4試合連続で失点している守りの修正に力を注ぐ。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)