◆大役へ「修正点見えた」  調子が悪くても、試合を壊さないのがエースらしさ。千葉ロッテの開幕投手を務める涌井がオープン戦最終登板で5回を7安打2失点。計98球と制球に苦しみながらも粘りの投球を披露し...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)