勝負強さが光り、昨秋は打率と打点でチーム一。多治見戦では一回に先制打を放ち、春夏甲子園で報徳史上最多となる21得点の口火を切った。3番片岡は「チャンスで回ってくる気しかしない」とここぞの一打を誓う。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)