自責点0、2桁奪三振でも勝てなかった。「(九回の)先頭打者を四球で出してしまったことに悔いが残る」。神戸国際大付のエース黒田は、決勝点を許したバックを責めなかった。  立ち上がりに無死一、三塁とさ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)