俊足巧打の6番藤田が、初回の2点適時打を含む2本の長打でチームに流れを呼び込んだ。「結果を求めず、積極的にいこうと思った」。1点を返し同点とした一回裏2死一、三塁の場面で甘く入った直球を振り抜き、打...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)