仙台育英(宮城)を接戦の末破り、四十一年ぶりの選抜勝利を挙げた福井工大福井。その陰にはランナーコーチャーの的確なアドバイスがあった。  一塁と三塁のコーチャーをそれぞれ務める佐藤勇斗選手(三年)と...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)