バレーボールV・プレミアリーグ女子の岡山シーガルズの選手らが23日、岡山県庁を訪れ、チャレンジリーグへの降格が決まった今季の戦いを報告した。  河本昭義監督や山口舞主将ら8人が伊原木隆太知事を訪問...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)