仙台育英の主戦左腕長谷川は勝負どころの終盤に制球を乱し、福井工大福井に屈した。168球の力投が実らず「チームを勝たせられなかった。自分の力不足」と肩を落とした。  2-0の四回2死一塁で相手の主砲山...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)