仙台育英打線が見事な先制パンチを見せた。一回、先頭の主将西巻が初球の直球を左前へはじき返したのを皮切りに、4安打を集めて2得点。佐川、杉山の適時打はともに2球目を捉えた。  しかし、二回以降は変化球...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)