前節福岡戦で前半早々に相手DFに顔を蹴られて負傷したFW巻誠一郎。止血してからピッチに戻り、後半にゴールを決めるなど獅子奮迅の働きだった。熊本に戻った後は病院に直行し、唇を12針も縫ったが、「全く痛...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)