異色の経歴を持つ新人投手が首脳陣の評価を急上昇させている。軟式野球チームの相双リテックからヤクルトにドラフト6位で入団した菊沢は28歳でプロ入りを果たした苦労人。「一試合でも多く1軍で投げるのが目標...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)