1点を追う三回裏1死二塁。「1本打とう」と気合を入れて打席に入った。「積極的な打撃が持ち味」と和田健次郎監督(35)が評するように、滋賀学園の棚原孝太投手(三年)の初球のスライダーを振り抜いて中前打...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)