札幌市円山球場(中央区宮ケ丘)で3月17日、球春に向けた準備作業が始まった。真っ白なグラウンドに黒い粒の融雪剤がまかれ、ドローン(小型無人機)で上空から見下ろすと、直径50メートルの巨大な渦が現れた...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)