日本サッカー協会の田嶋幸三会長が18日、47都道府県のサッカー関係者らと議論を交わす「47FAタウンミーティング」で佐賀県を訪れた。それを機会に、サッカーが地域活性化に果たす役割やサガン鳥栖の印象な...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)