昨夏の甲子園で次々と安打を放って得点を重ね、「わんこそば打線」の愛称が付けられた盛岡大付。新チームも高岡商の投手陣に計15安打を浴びせるなど、強力打線は健在だった。延長十回にサヨナラ2点打を放った林...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)