走者なしで迎えた三回の第2打席。体勢を崩されながらも、外角の直球をしぶとく左前に運んだ。甲子園で放った初ヒットはこだわりを体現する一打となった。  193センチ、101キロ。小倉全由監督が「でっけ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)