70-72の第4クオーター残り1分40秒、仙台のホワイトがゴール正面の3点シュートライン手前でボールを持つ。ドリブルでピットマンを揺さぶると、相手がわずかに後ろに下がった瞬間を見逃さず、3点シュート...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)