スタンドのスコアボードには「1-3」と表示されていた。中京大中京と対戦した昨年秋の東海大会準決勝。九回裏2死で走者はなく、敗戦が濃厚に見えた。  しかし、主砲の鎌倉裕人選手(三年)の耳には、盛り上...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)